hact-news

hactllc.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 28日

本の本展 トーク vol.2

本の本展のトーク第二弾が行われました。
前回は大人の本について、今回は子どもの本について
お話させていただいております。

・・・国も、時代も、性別も、そしてなにより
自分が生まれていいかどうかということも選択できずに
この世に生を受ける、私たち。
不安だらけなのは当たり前。
そんなとき、子どもの本は「この世は生きていくに値する」
ということを伝えてくれる友達です。
物語がないと、私たち人間はきっと生きてゆけない。
大人にも子どもの本が必要だな、と思います。

今回も私山下は朗読!
前回ご紹介したものに加えて読ませていただいたのは
アンデルセン『絵のない絵本』の序章と
宮沢賢治『注文の多い料理店』の序文。
声を出して読んでみると、心への届き方が何だかまた違う気がします。
迷ったり悩んだりしても、この文章を読むと
思うにしたがってみよう、と感じさせてくれます。
よいですよ~。
[PR]

by hact-llc | 2009-11-28 23:40
2009年 11月 14日

本の本展 トーク vol.1

「本の本展」にてオープニングトーク&パーティーが行われました。

大人の本ということを意識して、本の歴史についてや、
本って私たちにとって何だろう?というところについて
目黒がお話しさせていただきました。
山下は朗読です!

読ませていただいたのは
長田弘さんの 『本についての詩集』 (みすず書房)から
「世界は一冊の本」と、「本は何でできているか」という詩。
それから、『本当いう不思議』(みすず書房)から
「本を燃やす恋」とパリ国会図書館での物語。
本をめぐる素敵な詩と物語です。
会場に展示してありますので、ぜひご覧くださいませ。

”生きているとは、考えることができるということだ”

深いですね~。
[PR]

by hact-llc | 2009-11-14 23:18