hact-news

hactllc.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 25日

ゆくはし絵本カーニバルを開催します!

塩竈・仙台の絵本カーニバルの際に、
絵本と家具を載せて、保育園バスと3t車で東京経由で何度も往復してくださった
コスモス保育園やむつみ保育園の先生方、お仲間の方々と意気投合し、
福岡県行橋市にて、絵本カーニバルを開催することになりました。
古い銀行あとの赤煉瓦の素敵な空間です。皆様ぜひお越し下さいませ。
a0146483_10435886.jpg

名 称:ゆくはし絵本カーニバル
会 期:2011年10月7日(金)~10月16日(日)10:00-18:00 入場無料
場 所:旧百三十銀行行橋支店(赤レンガ館) 〒824-0003 行橋市大橋3丁目7番14号
問合せ:0930-23-7724(会場)
主 催:九州大学子どもプロジェクト/NPO法人 絵本カーニバル/和泉会/むつみ保育園
    与原保育園/hact(白兎)/子どもスコーレnina nino
後 援:行橋市/みやこ町/苅田町/行橋市教育委員会/みやこ町教育委員会/苅田町教育委員会
    北九州保育福祉専門学校/NPO法人 みやこドリーム21/行橋商工会議所青年部
    京築地方保育協会/行橋市保育協会

【EVENT】
10月8日(土)19:00-21:00 申込不要/無料
目黒実トーク「絵本の愉しみ、絵本の歓び」

10月9日(日)19:00-21:00 申込不要/無料
目黒実×坪井大輔トーク「子どもたちの理想の居場所を語る」

10月10日(祝)13:30-15:30 要申込/参加費300円
定員15名(小学生以下は保護者同伴)
子どもスコーレnina nino ワークショップ「ころころアドベンチャー」
ころころボールくんがきみの想像の町を冒険する、ボードゲームをつくろう!
3人1グループになってわくわくする町を想像してつくってみよう。
つくったボードゲームは会期中会場に展示します。

10月16日(日)13:30-15:30 要申込/参加費300円
定員15名(小学生以下は保護者同伴)
子どもスコーレnina nino ワークショップ「もぞもぞひょっこり」
みやこ郡の見慣れた風景写真に、動物が隠れているよ。ポストがチンパンジーに、
橋がカメに変身?!何に見えてくるかは、きみ次第。

ワークショップお申し込み info@hact.jp
お名前/連絡先/年齢/人数を明記の上、お申し込みください。

【講師プロフィール】
坪井大輔(つぼい・だいすけ)
コスモス保育園など行橋市で3つの保育所を運営する社会福祉法人和泉会理事長。故郷である行橋市やみやこ町が元気になる文化活動、子どもの居場所づくりに力を注ぐとともに、東北支援の活動も続けている。

目黒実(めぐろ・みのる)
九州大学大学院特任教授。日本に初めてチルドレンズ・ミュージアムの概念を導入し、3つのミュージアムと1つの科学館を設立した。絵本カーニバル、子どもとともにデザイン展などのプロデュース、著書多数。

子どもスコーレnina nino
スコーレ(schole)は「遊び」「学び」「余暇」の3つの意味をもつ、スクール(school)の語源となった言葉。目黒実監修のもと、山下麻里と岡部麻衣子が中心となり、子どものためのスコーレスペースを福岡市生の松原にオープン予定。
[PR]

by hact-llc | 2011-09-25 05:35


<< 原田芳雄さんウィーク      生の松原 >>